看護学校対策を通信で行い看護師になる

看護師になるには3つの方法があります。まずは高校から高校件専門学校の学校に入学するか、高校から専門学校、短期大学、大学です。専門分野なので通信教育はないのは仕方ないと思います。現在高専から入学できる学校は極めて少ないです。しかし、これが最短ルートです。高校での必須科目を得ながら、看護師の国家試験を受けて卒業、そして社会人というルートをたどります。20歳には晴れて看護師デビューというかたちになります。

 

次いで高校から看護学校を受けるルートです。これは必須科目である数学T、国語、英語Tが必要となります。学校によっては論文や英語U、数学Uがあるところもあります。基本的に
しっかり勉強すれば落ちないです。確かに試験はむずかしいと思います。しかし看護師が少ない現状、ある程度のボーダーをクリアした人は無条件ではいれます。

 

看護学校対策を通信で行い面接をうまく活かす

それ以外の人は面接で挽回する必要があります。ボーダーラインをクリアしなかった人は、看護師になぜなりたいか、理想の看護師像や、なぜこの学校に入りたいか、その他に受験をしているかなど質問されます。そこで下手に嘘をつくとドツボにはまります。ここの他に何個か受験んしています。しかし、ここが第一希望です。理由は交通の便だったり、ここの学校のこんなところがいいと先輩に聞いて、絶対に入りたいという熱意を伝えることです。面接は緊張する必要ありません。その人の本質を見抜くプロの前で、洗いざらい素直な気持ちを話すことをおすすめします。大学は少し違います。一般的にセンター試験や、通常通り大学を受験すれば良いです。ただ入学するための条件として、論文はほとんどの大学で付きまといます。文章力が求められます。あとは応用力ですね。こればかりは何度も練習しないと無理です。日頃から分を書く練習を積むことです。大学のメリットは看護師以外にも保健師、助産師の資格にチャレンジできます。大学を卒業して2つの国家資格が得られるなんてすばらしいと思います。これを読んだあなた、是非看護師になって私達と一緒に働きましょう。

更新履歴